キュービックジルコニア

酸化ジルコニウムの単結晶で、ダイヤモンドとよく似た輝きを持つ人工石です。 模造ダイヤとも呼ばれます。ダイヤモンドより安価であることから、近年ではファッションアクセサリーからジュエリー、婚約指輪・結婚指輪まで幅広く扱われています。モース硬度は8~8.5と、十分に硬く真鍮やシルバー925との相性も抜群です。本物のダイヤモンドが、天然で採れる量も市場に出てくる量も限られている希少鉱物なのに対し、キュービックジルコニアは、人口で際限無く生産が可能です。ストーンには石言葉やパワーストーン的な効果があるといわれますが、キュービックジルコニアにもあります。「持ち主の魅力を引き出す」「ポジティブさを取り戻す」「目標達成」「自身の向上」と、何度でも立ち上がる強さを与えてくれるような石です。

ダイヤモンド

約99.95%、炭素のみからなる鉱物です。炭素の同素体の一種であり、天然に存在する物質のうちで最も硬度が高く、一般的に無色透明で、ときに黄・赤・青・緑色など美しい光沢をもっています。和名は「 金剛石(こんごうせき)」です。 採掘によって得られるもの(天然ダイヤモンド)と、合成によって得られるもの(合成ダイヤモンド)があります。ジュエリーとして以外にもレコード針や研磨材、ドリル、各種切削工具など工業製品にも広く用いられています。ダイヤモンドの起源について、最も古いものは約45億年前に見つかったものだといわれています。その後マグマの噴出によって地表近くに出てきたことで、紀元前8世紀頃から人々の目に触れるようになったといわれ、その絶対的な石の硬さから、魔除けやお守りとして長く使われるようになりました。

ダイヤモンドの語源は、「adamazein(アダマス)」というギリシャ語で、「どんなものにも征服されない」という意味があります。諸説ありますが、その後ラテン語で「硬い石」を意味する「adamant」に変化を遂げ、最終的には頭の「a」が取れて「diamond」と呼ばれるようになったという話が有力な説の一つです。ダイヤモンドの歴史をたどると、数十億年前の火山活動によって地表に出現したといわれています。人類が初めてダイヤモンドを発見したのは、紀元前4世紀頃のインドだったといわれています。17世紀にイタリアのヴェネツィアで原形が発明され、のちにベルギーのマルセル・トルコフスキーが確立した「ラウンド・ブリリアンカット」といわれる方法は、「ダイヤモンドをダイヤモンドで磨く方法」で、発明されるとその美しさが知れ渡るようになり、その後上流階級の人々の宝飾品として用いられるようになりました。日本ではダイヤモンドの歴史は比較的浅く、江戸時代後期といわれており、一般市民にも広まったのは、戦後になってからのことだといいます。ダイヤモンドの石言葉は、「潜在能力の開花」「永遠の愛」「屈しない力強さ」「汚れのない美しさ」などが挙げられ、結婚指輪でも定番の特別な石です。